« 夏旅行 | トップページ | これが売れてるらしい »

2014年7月29日 (火)

ダニ退治

 梅雨時から夏にかけてダニは繁殖するようです。

 日本ではダニはダニですが、世界的に見ると吸血性の大型のダニをTICK(中国語:蜱)、小型のものをMITE(中国語:蟎)と呼び、一般的に不快感を持つのはTICKのほうで小型のMITEのほうはそれほど不快感を持たれていません。

 日本の家にいるダニは主にマダニとイエダニだそうで、これはTICKの部類に入ります。

 基本的にマダニは比較的大きな動物に寄生し、イエダニはネズミなどの小型の動物に寄生し、人間には日常生活を普通に送るにおいてはあまり有害なものだとは思われていません。

 現代においてもTICKに拠る直接的な害は人間には及ばないそうです。

 しかし、糞や脱皮殻、個体の死骸等が皮膚炎や気管支炎等のアレルギー性疾患を引き起こすことはあるそうです。

 他にも家の中には数種のダニがいるそうですが、そうしたハウスダニのほとんどは人間に危害を加えることは少ないそうです。

 やたらと宣伝でハウスダニを悪者扱いしていますが、あれは商品の売れ行きの戦略上そういう方法を採っているのでしょう。

 

 しかし、ダニ以外の害虫というのは居ます。

 何故か今年、自分は体中、虫に刺されて悲惨な姿になってしまいました。

 それも痒い。

 ここはバルサンでも炊いてみますかね。

 大抵、薬局に行くとバルサンって3つとか4つのセットで売られていることが多いですよね?

 バルサンって一回炊くだけでは生きてる害虫は死にますけど、卵の状態のものまでは殺すことが出来なくて、1週間~2週間くらい時間を開けて二度炊くのが基本のようです。

 そして、大事なことはバルサンを炊いた後、しっかり掃除をすること。

 死骸が人間にとっては有害であるわけで、いくら害虫を殺したところで人間の皮膚に悪影響を及ぼす物体が消滅したわけではありません。

 

 gooやyahooでの相談者を見ると、バルサン炊いても全く効果のない人もいるそうです。

 そうした人にはこうしたモノが有効なようです。

 これはネーミングが素晴らしいですね。

 「ダニないッス」。

 この名前だけでも買う価値がありそう。

 僅か5日でダニが600匹近く死滅させれるそうです。

 凄いな。

 50日使えば6000匹が死滅するわけですか。

 でも、ダニって良いところもあるらしいですよ。

 人間の顔にもダニがいて、顔にくっついてる有害物を食べてくれるそうです。

 ニキビの原因とかになるような有害物ですね。

 顔を洗いすぎると良くないと言いますけど、それはそういう良い小型生物も洗い流してしまうことになるからだそうです。

 しかし、顔にもダニっているのか。

 怖いな。

 いや、害虫じゃないから良いのか?

 大腸菌も人間なら誰でも持ってるわけだし。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 買い物するなら送料無料のアマゾン!

« 夏旅行 | トップページ | これが売れてるらしい »

プクッチ商店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1946890/56932260

この記事へのトラックバック一覧です: ダニ退治:

« 夏旅行 | トップページ | これが売れてるらしい »