« 今この時だから | トップページ | ネット環境 »

2015年1月28日 (水)

作家にも当たり外れがある

 馳星周の新刊が出ました。

 馳星周といえばノワール小説ですよね。

 デビュー作「不夜城」を読んだ時は衝撃を受けました。

 仕事柄、そういうことに興味があったということもありますが、「鎮魂歌」「夜光虫」「漂流街」「虚の王」「古惑仔」「雪月夜」「ダーク・ムーン」までは新刊が出ると、すぐに買ってました。

 しかし、その後作風が段々と変わっていき、新刊で買う、ということはなくなりました。

 「不夜城」の完結編「長恨歌」は自分の感覚で言えば駄作ですね。

 これが同じ小説なのか?と思うほど、レベルが低かったように思います。

 それでも馳星周の作品は気になってますから、新刊が出れば一応読みますね。

 今回の「雪炎」はどうでしょうか?

 「不夜城」のようなインパクトはない。

 馳を読むなら初期の作品をお奨めしたい。

 あの面白さは、もう期待出来ないのかな。

 

 

 買い物するなら送料無料のアマゾン! 

« 今この時だから | トップページ | ネット環境 »

プクッチ商店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1946890/58737194

この記事へのトラックバック一覧です: 作家にも当たり外れがある:

« 今この時だから | トップページ | ネット環境 »