« 胡散臭い作家 | トップページ | 痩せるということは簡単ではない »

2015年5月14日 (木)

将棋の本

 将棋が強くなるのは、自分よりも強い人といっぱい指すことが基本だと思うんですが、一定のレベルになると定跡や手筋を研究していないと上に進めません。

 基本的に自分はネットで将棋を指してますけど。

 

 中級棋士までは行くんですけど、そこから上はさすがに簡単に勝てない。

 基本的には「羽生の頭脳」という本が、強くなるには必須のようでプロ棋士さえ、その本を読んでるそうです。

 一応、自分も読みましたけど、あまりにレベルが高過ぎて、そういう局面になることが少ない。

 この豊島八段は羽生世代と同じくらい層の厚い世代です。

 同世代の糸谷は竜王になりましたね。

 羽生の本は難しい感じですが、そういう難しい本を読んだ後に豊島八段の本を読むと理解しやすくなります。

 いや、勿論、かなり難しい本なんですが、強くなろうと思ったら、これくらいの本は読まないと上にいけない。

 

 

 買い物するなら送料無料のアマゾン! 

« 胡散臭い作家 | トップページ | 痩せるということは簡単ではない »

プクッチ商店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1946890/59996388

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋の本:

« 胡散臭い作家 | トップページ | 痩せるということは簡単ではない »