« 作家の力 | トップページ | 将棋の本 »

2015年5月13日 (水)

胡散臭い作家

 「永遠の0」や「海賊と呼ばれた男」でスマッシュヒットを飛ばした百田尚樹。

 彼の作品は確かに読ませる。

 しかし、それと同時に胡散臭さを感じる。

 この作品は故やしきたかじんさんの話でありますが、揉めに揉めてますね。

 裁判にまで発展しています。

 同じ文章を書く人間として、この人の取材力、文筆力は凄いなと思います。

 ただ、それと同時に「かなり作りいれてるな~」と感じることもあります。

 これなんか自分も格闘技好きですから、どうなの?という疑問もあります。

 作家としては読ませてナンボですから尊敬しますけど、史実を交えた場合、ちょっとフィクション入れてるよね、ということをはっきりさせたほうが良いんじゃないかな?

 あまりにも事実のように書かれているんで、ついうっかりそこに書かれていることが真実だと思ってしまいますが、冷静に考えると「?」という感じもある。

 まあ、ミリオンセラー作家ですから、読む人を騙してナンボなんですけどね。

 

 

 買い物するなら送料無料のアマゾン! 

« 作家の力 | トップページ | 将棋の本 »

プクッチ商店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1946890/59986417

この記事へのトラックバック一覧です: 胡散臭い作家:

« 作家の力 | トップページ | 将棋の本 »