« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »

2015年11月

2015年11月26日 (木)

臨床心理 柚木裕子

 精神病は小説になりやすい。

 古くは「ジギル博士とハイド氏」。

 近年でも精神病というのは小説のネタになる。

 しかし、書き手の能力が未熟だと、その内容が読み手に誤解を与えることになる。

 精神病を扱うには、それなりの見識を持った人が小説を書いてほしい。

 こんなような感じの小説です。

 精神病はいろんな形があるで、これが本物というものはない。

 そこを上手く書き手の能力で、綺麗にしてもらいたい。

 お奨めの本です。

 「このミス」09年大賞作品です。

 買い物するなら送料無料のアマゾン!

2015年11月24日 (火)

今更ながら「半沢直樹」

 池井戸潤の作品が絶好調ですね。

 下町ロケットもそうです。

 確かに面白い。

 そこにあるのは「正義」。

 この言葉ほど人々を熱狂させるものはない。

 世の中、こうでなくっちゃ、という世界が描かれている。

 現代人の心は病んでるんだな~。

 

 買い物するなら送料無料のアマゾン!

2015年11月17日 (火)

悪党 薬丸岳

 近頃、本を読む速度が落ちた。

 以前は月に20冊くらい読めたのに。

 面白い本って、ある程度読むとなくなってしまうということもある。

 だからこそ、面白い小説を書く作家が出て来ると期待してしまう。

 しかし、昨今の作家の寿命というのは短い。

 面白い話を書くと思っても、いつの間にか新作が出ないという作家が多い。

 この薬丸岳もそう。

 面白い話を書くんだけどな~。

 近頃では文庫本ばかり。

 

  買い物するなら送料無料のアマゾン!

« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »